乾燥肌のスキンケアは化粧水の使い方が大切

冬の乾燥肌のかゆみを改善する方法 > 基礎編 > 乾燥肌のスキンケアは化粧水の使い方が大切

乾燥肌のスキンケアは化粧水の使い方が大切

乾燥肌の人にとって、スキンケアというのは凄く大切です。ここで失敗をしてしまうと、乾燥肌が酷くなってしまいます。

水分は放っておくとどんどん逃げて行ってしまいます。濡れた肌をそのままにしておくと水分が奪われ乾燥してしまうのです。水仕事の多い主婦であればなおさら。

そこでスキンケアの中でも特に大切な化粧水の使い方についてお話をしましょう。

使うときは手?それともコットン?

コットンを使う? 化粧水を使うときですが、手を使う人とコットンを使う人がいますが、乾燥肌の人の場合はどちらで化粧水を使ったほうがいいと思いますか?

正解は「手」です。

コットンの方が刺激が付くないように思うかもしれませんが、手を使ったほうがその日のお肌の調子を直接チェックできますし、手を使って化粧水でお肌を押さえ込むようにすることで、よりお肌の奥に浸透していきます。

もちろんこの時、パンパンと力強く叩いてはいけません。よく年配の女性がこうやって使っているシーンなどをテレビのドラマなどで見たこともありますが、先ほどもお話したように、手のひらに化粧水を採って押さえ込むようにするのが正しい方法です。

化粧水を使うときの量ですが、沢山の量を一気に使ってもお肌に浸透していかないので、少量を何度も使った方がいいです。ちなみに化粧水を選ぶ時のポイントですが、成分にこだわって選んでください。

乾燥肌の人は水分量が少ないので、水分量を補うことが出来るタイプがおすすめです。例えば、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、セラミドが配合されているもので、自分のお肌にあっているものがいいですよ。


関連記事

  1. 乾燥肌のスキンケアは化粧水の使い方が大切
  2. 洗顔やクレンジングで気をつけたいこと
  3. 乾燥肌ってどういう肌の事を言うの?