洗顔やクレンジングで気をつけたいこと

冬の乾燥肌のかゆみを改善する方法 > 基礎編 > 洗顔やクレンジングで気をつけたいこと

洗顔やクレンジングで気をつけたいこと

乾燥肌と言っても、それぞれ人によってどのくらいの症状なのかが違ってきますが、洗顔やクレンジングなどのスキンケアも刺激に繋がります。

かと言って、洗顔やクレンジングを全く行わないという訳にもいきませんよね。そこで洗顔やクレンジングを行うときに気をつけたいことについて確認をしていきましょう。

それぞれ気をつけるポイント

クレンジングで気を付けるポイント まず洗顔をするときに気をつけるポイントですが、クリームやリキッドタイプのような「合成界面活性剤」が沢山使われいてる物を使わない、ということですね。

洗顔フォームを使うこともありますが、乾燥肌の人におすすめなのは「石鹸」です。もちろん石鹸にも色々なタイプがありますが、合成界面活性剤ではなく、天然の面活性剤が使われている純石けんがいいですよ。洗顔をするときはしっかりと泡を立てて、その泡で肌を優しく洗ってください。

そしてクレンジングですが、これが厄介です。クレンジングはメイクという油汚れを落とすことになるので、どうしてもお肌に負担がかかります。出来るだけ短時間で終わるように、メイクは薄めにするのがコツです。

クレンジングをするときのポイントは、出来るだけ短時間で終わらせるということ。コツとしては使う量を少し多めにして手のひらで温めてメイクと馴染みやすくします。

量を多くするとその分お肌に負担がかかりそうなイメージがあるかもしれませんが、量が多ければ強くこすらず、短時間でクレンジングを終わらせることができますよ。


関連記事

  1. 乾燥肌のスキンケアは化粧水の使い方が大切
  2. 洗顔やクレンジングで気をつけたいこと
  3. 乾燥肌ってどういう肌の事を言うの?